【BtoB】広告運用のための重要な3つのポイント

ホーム » コラム » 実務課題 » マーケティング » 【BtoB】広告運用のための重要な3つのポイント
目次
近年、BtoBビジネスにおいても、広告運用が重要な役割を果たしています。しかし、BtoB広告は、BtoC広告とは異なる特徴があり、効果的な運用には専用のノウハウが必要です。 この記事では、BtoB広告運用で押さえておきたい3つのポイントについて解説します。

ターゲティングを徹底的に行う

BtoB広告で成功するためには、ターゲティングを徹底することが重要です。 BtoCと比べて、対象となる顧客が少ないため、Web広告でターゲティングする場合は業界や業種・職種などユーザーのターゲティングは慎重に実施した方が良いでしょう。 Web広告媒体のターゲティングは幅広いため、BtoB向けにターゲティングすることは可能です。

デバイスや配信の時間帯を意識

商材の特性や狙いたい顧客層によって違いがあるため、必ずしも同じとは言えませんが、 基本的には平日の就業時間中にWeb広告を配信することをお勧めします。 就業時間中に情報収集する場合はPCを開いて調べている可能性があるため、PCへ積極的に配信した方が良いでしょう。 SNS広告は就業時間中にSNSで情報収集するのは稀のため、就業時間帯外の方が成果が出やすいケースもあります。 例えば、
少額の予算しかない場合は
平日の9時~18時までは検索広告 それ以外の時間帯はMeta広告

のように広告予算を使ってしまうのも良いかもしれません。

ノイズを減らす

BtoBにおいて顧客対象にならないユーザーの無駄なアクセスを減らすことが重要になります。基本的には広告文はクリック率を上げるように文言を考えたりしますが、商材と関係ないユーザーのクリック数を減らせるように広告文に「【BtoB】」など含めるなど対象を限定する広告文を試してみるのも良いでしょう。

適切な広告配信チャネルを選択する

BtoB広告には、検索エンジン広告、ディスプレイ広告、ソーシャルメディア広告など、さまざまな配信チャネルがあります。

リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジンで特定のキーワードを検索したユーザーに対して広告を配信するため、購買意欲の高い潜在顧客に効率的にアプローチできます。従来の飛び込み営業や電話営業と比べて、より効率的なリード獲得が期待できます。 経費精算システムを提供している企業は広告出稿する場合、「経費清算」や「経費管理」といったキーワードが当てはまるでしょう。購買意欲が高い顧客が調べるキーワードで配信してみてコンバージョンが獲得できるかどうか試してみましょう。

Googleディスプレイ広告

広範なリーチ

Googleディスプレイネットワークは世界中のウェブサイト、アプリ、ビデオプラットフォームにまたがり、インターネットユーザーのほぼ90%にリーチします。この広範なリーチは、BtoB企業が特定の業界に属する意思決定者やビジネスプロフェッショナルに効果的にアプローチするのに役立ちます。

豊富な配信先

Googleディスプレイ広告は、Google検索結果画面、YouTube、Gmail、Googleパートナーサイトなど、世界中の数百万のウェブサイトで配信することができます。 Google検索結果画面: 購買意欲の高い潜在顧客にアプローチ YouTube: ビジネス関連動画の視聴者に広告配信 Gmail: ビジネスパーソンの利用率が高い Googleパートナーサイト: 業界特化型のサイトなど、ターゲット層に合わせた配信 BtoB企業にとって重要なターゲット層が利用するサイトを選んで広告配信することが可能です。

Yahoo!ディスプレイ広告

Yahoo!は、ニュース、ファイナンス、ビジネスといったコンテンツを提供する信頼性の高いウェブサイトを多数持っています。これらのサイトは、ビジネスプロフェッショナルが情報を得るために頻繁に訪れる場所であり、BtoB広告が目的のオーディエンスに届きやすくなっています。

サーチキーワードターゲティング

ユーザーが検索した過去にキーワードを利用し、ターゲティングを行う機能です。BtoBのリスティング広告ではCPCが高いことが多いため、リスティング広告と比較してCPCを押さえて配信することが可能です。 引用元:広告ヘルプ

コンバージョンの類似

LINEとYahoo!のアカウントが連携され、ユーザー情報が増えるので成果が出やすくなる可能性が考えられます。

Meta広告

若い人はFacebookのアカウントも持っておらず、魅力を感じている人は少ないかもしれません。利用者の年齢を見ると30代〜40代の利用者数が多く、次いで50代〜60代が目立つ状況になっています。一方で、Facebookが持つ特定の魅力を見逃してはなりません。例えば、実名制のため共通の知人を通じて信用構築が可能になる点です。この信用の積み重ねは、ビジネスの世界では大きな価値を持ちます。共通の知人が少ない、自称富豪のような怪しい人物を見分けることも容易になります。このように、Facebookは特に経済的に成功している世代にとって、価値あるツールとなっています。 仕事の機会が生まれるのは経済的に成功している層からであり、決裁権を持つユーザーに広告を表示したい場合はMeta広告も考慮すべきでしょう。

コンバージョンの類似

Meta広告は他の広告媒体と比べてユーザーデータの保有率が高く、正確なターゲティングが可能です。

リード獲得広告とは

Metaのリード獲得広告は、BtoB企業が効率的に高品質なリードを獲得し、ビジネスの成長を加速させるための強力なツールです。この広告フォーマットは、FacebookやInstagramなど、Metaプラットフォーム上で直接リードを集めることができるため、BtoBマーケティング戦略に革新的なアプローチを提供します。 引用元:リード獲得広告: Facebookでリード獲得広告キャンペーンを掲載する | Meta for Business

X広告

X広告ではいいね、シェアされやすい広告がポイントです。X広告では広告を見た人がシェアをして、広告を見た人のフォロワーに見られても広告費がかからない仕様になっています。また、資料を動画にしてツイートし、それをダウンロードしたいユーザーにフォローとリツイートを促す手法や、ホワイトペーパーをXで紹介してダウンロード数を増やす事例など、X特有の広告手法が有効であることが示されています。

まとめ

この記事では、BtoB広告運用の成功に必要な3つの主要ポイントを紹介しています。第一に、ターゲット顧客に対する緻密なターゲティングの重要性、第二に、デバイスと配信時間帯の選定が成果に影響すること、そして第三に、無関係なアクセスを減らすことで広告の効率を高める戦略が挙げられています。また、リスティング広告、Googleディスプレイ広告、Yahoo!ディスプレイ広告、そしてMeta広告を含む、適切な広告配信チャネルの選択も成功の鍵として強調されています。
著者情報
成子芳一
成子芳一
事業者目線に立てるマーケター 経営5年自社運用1年→月間過去最高売上更新3回 代理店2年半→広告費最高月額 3千万運用 運用媒体Google/Yahoo!/Bing/Meta/Line/X(旧:twitter) ■Threadsアカウント(@naruko_marketer) 広告運用者目線から『threads考察』しています。 フォロワー数3,600達成
成子芳一
成子芳一
事業者目線に立てるマーケター 経営5年自社運用1年→月間過去最高売上更新3回 代理店2年半→広告費最高月額 3千万運用 運用媒体Google/Yahoo!/Bing/Meta/Line/X(旧:twitter) ■Threadsアカウント(@naruko_marketer) 広告運用者目線から『threads考察』しています。 フォロワー数3,600達成
関連する記事
その他の情報をチェック
データで営業が変わる
無料で始める