Threadsが新機能を導入!日本でもキーワード検索が可能になりました

ホーム » コラム » 実務課題 » SNS » Threadsが新機能を導入!日本でもキーワード検索が可能になりました
目次

X(Twitter)の競合アプリThreadsが、アプリの競争力向上の一環として、キーワード検索機能を広範な市場に拡大しています。この待望の機能は、オーストラリアやニュージーランドを含む英語圏市場でのテストを経て、ついに日本でも本日から利用可能です。

キーワード検索機能の利用方法


  1. 検索アイコンをタップ
  2. 検索バーにキーワードまたはフレーズを入力
  3. プロンプトをタップして関連するスレッドを表示

これにより、Threadsのユーザーはより効果的に情報を検索し、コミュニケーションを深めることができるようになりました。今後もキーワード検索機能の改善が予定されており、ユーザーエクスペリエンスの向上が期待されます。

日本でも利用可能に、1億人以上のユーザーがますます便利に

X(Twitter)のライバルであるThreadsは、アプリの競争力を高めるために、キーワード検索機能を利用可能な市場に広げています。この機能は、最初に8月にオーストラリアやニュージーランドを含む英語圏市場でテストされ、その後9月には米国を含む他の英語圏およびスペイン語圏の多くの国に拡大しました。インスタグラム責任者のアダム・モセリ氏によれば、キーワード検索は「すべての言語でサポートされる」こととなっています。

これにより、現在約1億人が利用しているこのアプリは、ますます広範なユーザーにとって便利なものになります。

EU展開に向けて準備、新機能も同時に導入予定

ウォール・ストリート・ジャーナルは、このアプリが早ければ来月にもEUでローンチされる可能性があると示唆し、ユーザーがアカウントを作成せずに投稿を読める閲覧専用モードもローンチする可能性があると指摘した。

EUユーザーに対する検索機能の提供は、さまざまな言語が話されているこの市場にサービスを提供する重要な側面となります。これにより、Threadsは現在の米国以外の100か国以上でさらに便利になるでしょう。

Threadsチームは、ユーザーのフィードバックに迅速に対応し、フィードの表示方法やWebアプリ、いいねの表示、投票、GIF、ハッシュタグのサポート(ハッシュなし)、編集ボタンなどの機能を追加しました。プロファイルの切り替えなどの機能も、発売後数か月以内に導入される予定です。同社はまた、開発者向けAPIの提供を約束し、ActivityPubとの統合も計画しています。

キーワード検索の改善も予定、ユーザー体験向上への取り組み

ただし、現時点ではThreadsはXを推進する中心的な機能であるトレンドトピックをまだ採用していません。実際、同社はアルゴリズムフィードに何日も前の投稿が含まれることが多いため、Xのリアルタイム性を低下させたくないと考えているようです。モッセリ氏はまた、同社はプラットフォーム上でニュー

スを拡大することを目指しておらず、ニュースを拡大するX社のアプリとは異なると述べています。とはいえ、多くの元 X ユーザーが Threads に参加しており、最終的にはそれがアプリの方向性を決定する可能性があります。

モッセリ氏は今日のメモで、更なるキーワード検索機能の改善が間もなく行われる予定であると述べています。

現時点では、Threadsは引き続きlong covidなどの用語や関連フレーズを検索でブロックし、最新の情報を得る代わりにユーザーをCDCのウェブサイトに誘導します。

Mark Zuckerberg氏のコメントと今後の展望

Threadsの月間ユーザー数は約1.2億人で、現時点で月間アクティブユーザー数はXの約5億5,000万人よりも小さいです。ただし、ThreadsはまだXがサポートしていない市場でも利用できないため、これがXの成長を制限しています。Metaの最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏は四半期決算会見でThreadsが数年以内にMetaの次の10億人向けアプリになる可能性があると投資家に語りました。

動く!印象に残る!
使いやすいサイト
作ります。

発注したデザインをお客様に届けるうえで、ウェブサイトと広告は非常に重要です。
デザインを最大限に生かしたサイトを作りたい方はお気軽にご相談ください。

関連する記事
その他の情報をチェック
データで営業が変わる
無料で始める