マーケティング担当者が上司との信頼を勝ち取るには

ホーム » コラム » 実務課題 » マーケティング » マーケティング担当者が上司との信頼を勝ち取るには
目次

マーケティング担当者の上司との信頼関係の構築

上司との信頼関係を構築するためには、成果を上げることが基本ですが、それ以上に大切なのは、上司とのコミュニケーションと共通の理解を築くことです。これは、特にプロジェクトの目標設定、実施計画、そしてその過程での調整や変更を透明にし、上司との間で共通認識を持つことを意味しますこのアプローチにより、即座に目に見える成果がなくても、上司はあなたの努力や取り組みを理解し、引き続き責任を委ねる可能性が高まります。

評価の場面での共通認識の重要性

上司との共通認識を築くことは、特に評価の場面で重要になります。上司が評価会議で、あなたの取り組みや挑戦、そしてその背景を詳細に説明できるように、十分な情報を提供することが肝心です。これにより、短期的な成果が見えにくい場合でも、上司は「このプロジェクトはまだ成果が出る段階にある」「この取り組みは長期的に見れば価値がある」といったポジティブな評価を下すことができます。

また、上司に対して自分の仕事の価値を伝えることも重要です。特にマーケティングのような分野では、社内での理解が得られにくいことがあります。そのため、上司があなたの仕事の重要性や成果を理解し、適切に評価できるように、定期的に成果や進捗を報告することが推奨されます。

さらに、上司との関係構築には、上司自身のキャリアや立場をサポートすることも含まれます。あなたの成果が上司の評価に直接影響するため、上司があなたの成功を自身の成功として認識し、支持するようになることが期待できます。

このように、上司との信頼関係を築くためには、単に成果を出すだけでなく、コミュニケーション、共通認識の形成、そして相互のサポートが重要です。これにより、上司との強固な関係が築かれ、キャリアの成功につながるでしょう。

上司の成功と自身のキャリアへの影響

上司の成功への貢献とその重要性

キャリアアップを目指す上で、

自分の上司の成功をサポートすることは非常に重要です。

上司が社内で高い評価を受けるように、あなたの仕事を通じて貢献することが鍵となります。

例えば、上司が表彰されたり、メディアのインタビューを受ける機会があったりしたときに、あなたの成果が彼らの成功の一部として認識されるように努めることです。「私たちのチームは商談数を増やしました」「最近立ち上げたマーケティングチームが順調に進んでいます」といった言及があれば、それはあなたの努力が認められている証拠です。重要なのは、あなたの成功が上司のキャリアに直接的に貢献するということです。

上司に対して否定的な感情を持つこともあるかもしれませんが、実際には、上司の成功があなた自身のキャリアにも良い影響を与えることが多いです。上司が評価されることで、その部下であるあなたも良い評価を受ける可能性が高まります。

マーケティングの成果と上司の評価

マーケティングの分野で成果を上げることは、上司の評価に直結します。「マーケティングの取り組みが成功すれば、上司の評価も上がるのではないですか?」という質問に対しては、「もちろん」と答えて頂いた場合は上司からのサポートを期待することができます。もし上司がその重要性を理解していない場合は、時間をかけて徐々に上司にあなたの貢献が彼らの評価にどのように影響するかを示す必要があります。例えば、セッション数の増加、コンバージョン数の向上、新しいホワイトペーパーの作成、成功した仮説など、小さな成功も上司に報告し、上司がそれをさらに上の管理層に伝えられるようにすることが望ましいです。

このように、

上司の成功をサポートすることは、あなた自身のキャリアアップにもつながる重要な戦略です

自分の成果が上司の評価に貢献することを意識し、積極的に上司とコミュニケーションを取りながら、共に成長していくことが大切です。

初期段階での自由な裁量の確保

上司からの信頼を得て、初期段階での自由な裁量を確保するためには、共通の理解と合意が不可欠です

特に、成果が目に見える形で現れるまでの初期の数週間は、組織内での疑問や批判が生じやすい時期です。例えば、「本当にその方法で上手くいくのか?」というような疑問が投げかけられることがあります。このような状況で、あなたと上司が揺らぐことなく一貫した態度を保つことが重要です。

合意形成のプロセス

では、どのようにしてこの一貫性を保つかというと、それは「合意形成」を通じて実現されます。

合意形成とは、互いの意見を納得のいく形で一致させることです。

合意形成のプロセスは、マーケティング担当者が計画を練り、1対1のミーティングで上司に提案し、承認を得ることから始まります。

成果と上司の評価

まず、マーケティングチームの成果が上司の評価にどのように影響するかを確認します。次に、どのような施策を実施するか、その施策が成果につながると上司が考えているかを確認します。この確認プロセスが合意形成へと繋がります。上司が忙しい、または他の部署に集中しているとしても、自分で勝手に決めずに必ず上司の承認を得ることが重要です。

実践例

例えば、次のように進めます。
あなた:「この〇〇施策を実施してもよろしいですか?」
上司:「いいよ。」
あなた:「了解しました。2週間後に結果を確認し、共有します。結果が出ない場合は、そのデータを基に次の施策を考えます。」
上司:「わかった。」

合意形成の重要性

このような合意形成には二重の意味があります。一つは、他のチームメンバーからの疑問や批判に対して、上司が「私が承認したプロジェクトだ」と答えることができることです。もう一つは、もし施策が成功した場合、あなたが「この施策は上司が承認してくれたおかげです」と感謝を示すことができ、これが上司の信頼を得るための基盤となります。このプロセスを通じて、上司はあなたに対してより多くの信頼と裁量を与えるようになるでしょう。

日報とタスク管理の重要性

マーケティングの職務において、日々の活動を記録することは非常に重要です。多くのプロフェッショナルが、日報やタスク管理表の作成を卒業後には行わなくなることがありますが、これらのツールは業務の進捗管理や自己防衛に役立ちます。私自身、マーケティングの仕事に従事して以来、毎日の日報を欠かさず記録しています。これにより、業務の改善や上司との意思疎通に大きな助けとなっています。

時間管理とリソース割り当ての最適化

特に、マーケティングの分野では、プロジェクトの初期段階での時間管理やリソースの割り当てが難しいことが多いです。

日報によって、どのタスクにどれだけの時間を費やしたか、どの作業が時間を取られすぎているかなどを把握することができます

日報はまた、上司とのコミュニケーションにおいても重要な役割を果たします

例えば、チームの拡大や外部リソースの必要性を上司に伝える際、日報に基づいた具体的なデータを提示することで、より説得力のある提案が可能になります。また、自分の業務がどのように時間を消費しているかを示すことで、より効率的な業務委託の判断が可能になります。

社内での自己PRと関係構築

さらに、日報は社内での自己PRにも役立ちます。例えば、社内報に掲載されることで、人事部や広報部との関係構築につながり、新しいプロジェクトや施策に対する社内の関心を高めることができます。また、全社ミーティングや部署会議での短いプレゼンテーションを通じて、自分の業務や成果を社内に広く伝える機会を得ることができます。

このように、日報やタスク管理表は、マーケティング担当者にとって単なる日々の記録以上の価値を持ちます。これらは業務の進捗管理、上司とのコミュニケーション、さらには社内での自己PRにおいて重要なツールとなるのです。

まとめ

  • マーケティング施策を実施する前に上司との合意形成が重要です。
  • 評価の場での共通認識は、短期的な成果が見えにくい場合にも重要な役割を果たします。
  • 日報とタスク管理は、マーケティング担当者の業務進捗と自己防衛に不可欠なツールです。
著者情報
Picture of D2Forntier
D2Forntier
SHI-SO、SHI-SOアドオペを運営する、D2Forntierの管理アカウントです。様々なお役立ち情報や、ビジネスに関するハウトゥーはもちろん、その他の情報についても発信してきます。
Picture of D2Forntier
D2Forntier
SHI-SO、SHI-SOアドオペを運営する、D2Forntierの管理アカウントです。様々なお役立ち情報や、ビジネスに関するハウトゥーはもちろん、その他の情報についても発信してきます。
関連する記事
その他の情報をチェック
データで営業が変わる
無料で始める