「Threads」「Twitter」で商用利用するならどっち?違い、特徴、魅力を紹介

ホーム » コラム » 実務課題 » SNS » 「Threads」「Twitter」で商用利用するならどっち?違い、特徴、魅力を紹介
目次

Threadsは、2023年7月6日に開始したばかりのSNSです。
Threadsの運営元はMeta社になります。Metaと言えば、Instagram、Facebookの運営でも有名なこともあり、多くのユーザーが利用を始めています。InstagrramをベースとしたアプリでTwitterに似たUXからTwitterに対抗したサービスと言われています。日本でも複数のタレントや企業が公式アカウントを作り参入し始めています。

※Twitter(現:X。可読性保持のため以後Twitterと表記)
※機能比較内容は投稿・更新時点のものです。

Threads(スレッズ)とは?


Threads(スレッズ)はFacebook、Instagram,WhatsAppなどを運営している「Meta」社が提供を開始した、Twitterに対抗したSNSアプリと言われています。

イーロン・マスクCEOが実施したTwitterの閲覧制限によって、類似したSNSへの乗換を検討しているユーザーがいる中でのサービス開始となりました。
1週間足らずで1億人のユーザーを獲得し、注目されているSNSアプリです。

UIも非常に簡単でTwitterともよく似てる点が多いため、Twitterを使用したことがあるユーザーは直感的に始めれます。
実際サービス開始直後の2日目に使い始めたのですが、登録も画面に沿って進めるだけで、特に躓くポイントがなくストレスの少ないUIだと感じました。

ThreadsとTwiiterの違い


Threads: Thirty million join Meta’s Twitter rival, Zuckerberg says -BBC News

違い①投稿できる文字数

ThreadsとTwitterは、投稿できる文字数に違いがあります。
Twitterは無料アカウントの場合、最大140文字までという文字数制限があります。
Threadsは最大500文字までの投稿が可能です。

なお、Twitterの有料サブスクリプションである「Twitter Blue」の場合は、最大2万5000字まで投稿可能です。
有料版のBlueを開始後、4000文字でしたが、文字数が伸びてきているので最大の文字数の上限については

Twitter有料版 > Threads > Twitter無料版
といった状況です。

違い②投稿できる画像の数

Twitterは最大で一度に4枚までの画像が投稿可能です。
Threadsは最大で一度に10枚までの画像が投稿可能です。

ビジュアルが重要になる、飲食、宿泊施設、小売などは1投稿単位ではThreadsが有利になる可能性が高いです。

違い③投稿できる動画の長さ

Twitterは無料アカウントの場合2分20秒(140秒)までの動画が投稿できます。
Threadsで投稿できる動画の長さは最大5分です。

ただし、TwitterはJASRAC利用許諾契約の包括契約をしていないため、カバー曲やBGMの利用時に一部動画の投稿の際に、個人がJASRACと契約する必要があり注意が必要です。
それに対し、ThreadsはJASRAC利用許諾契約を締結しているため、日本で流通する多くの楽曲を引用したり、動画の一部に使うことが可能となります。(2023年7月7日に発表)

参考:JASRACの公式サイト「利用許諾契約を締結しているUGCサービスの一覧」

商用利用時に注意が必要な点は変わりありませんが、商用利用をはじめる前の個人のSNSアカウント運用で、各種投稿のハードルが低いのはThreadsです。

違い④広告があるかどうか

Twitterには広告がありますが、Threadsにはこの記事の投稿時には「広告」は存在しません。
使用するユーザーとしては今の状態は広告に邪魔されることがないのはメリットといえるでしょう。

商用利用した場合は短期的に逆転が難しいという点はデメリットにはなりますが、条件が同じのためリソースや企業努力が報われやすいといった意味ではメリットと言えます。
中小企業の逆転がしやすいのは、広告が始まる前になると考えられます。

Threadsの広告掲載についても、今後は方針が変更になる可能性はあります。

違い⑤保有しているユーザー情報の数

今現在はTwitterは3.3億人、Threadsは1億人のためThreadsの方が利用者は少ない。
ただ、運営会社が保有しているユーザー数の桁が違います。

  • Facebookのユーザー数 29億人
  • Instagramのユーザー数 10億人
  • Meta合計 39億人
  • twitter 3.3億人

ChatGPTの出現など、SNSを取り巻く事情は大きく変わってきています。
激動の時代のため、各社の今後のアップデート次第では現在会社が保有しているユーザー数を武器に利用者が伸びることが予想されます。

ThreadsとTwiiterの用語の違い

Threadsのメリット

  • 「画像・動画」も綺麗に投稿できる
  • 今現在広告がない
  • 基本操作が簡単
  • 炎上しずらい
  • Instagramと連携

比較的にTwitterと比べ、画像や動画の投稿の数量や動画の長さはThreadsの方が大きいです。

また、現状Threadsは広告が入っていないため、広告がない煩わしくない状態でユーザーも利用が可能です。
ザッカーバーグ氏も「ユーザー数が10億人を超えてからマネタイズは考える」と言った発言もあったことからすぐ広告出稿可能になることはまずないでしょう。

デメリットにも上げられますが、拡散力に乏しいことも影響して炎上リスクは限りなく少ない点があげられます。

実際に利用していてもTwitterであれば炎上して拡散される内容でもThreadsでは特に炎上しないケースが多いです。
またこれまでのMeta社関係者からの発言からセンシティブや攻撃的・政治的な交流を目的としてはないということもあり、Twitterに比べると炎上するような発言はシステム側で拡散しにくくしているのかもしれません。

Threadsのデメリット

  • Threadsを始める際にInstagramのアカウントの連携が必須
  • Threadsを削除するとInstagramのアカウントも削除される
  • ハッシュタグやキーワード検索機能がない
  • ダイレクトメッセージ(DM)機能がない
  • 投稿の下書きができない

Threadsアカウントを削除しようとすると現状インスタグラムアカウントも削除しなくてはならない点がデメリットです。上記を知らず、アカウントを作ってしまった人も多く、問題になりました。また、キーワード検索機能やハッシュタグの利用がないため、情報収集をしようとしても有益な情報発信者のアカウント名を知らない限り見つけることが厳しいのが現状です。

よくある質問

Threadsは商用不可じゃなかった?

問い合わせた結果、規約の翻訳ミスであることが分かりました。語訳だったそうです。安心して各企業の方は企業アカウントを持つことが可能です。
語訳の部分ですが、正しい意味は詐欺など商用目的で悪用することを禁止するものだとしています。

ハッシュタグは使える?

現仕様上は、Threadsにはハッシュタグ「#〇〇」機能はありません。

Threadsの投稿は何文字できる?

1投稿500文字まで投稿することができます。500文字を超える場合は、別のスレッドが自動的に追加される仕様となっています。

今後のアップデート

A good week for Threads. The community here is on the trajectory I expect to build a vibrant long term app. Lots of work ahead but excited about the team's pace of shipping. Search and web coming in the next few weeks.
出典:ザッカーバーグ氏Threads投稿

threads 実装予定機能

  • 投稿検索機能
  • PC版の実装(実装済み)

Threadsでザッカーバーグ氏が8月5日に投稿した内容で「検索とウェブは今後数週間以内に登場します。」とのコメントがありました。この投稿から数週間たった後、投稿検索機能の実装するのではないかと予想されています。今現状は残念ながら情報発信をしても投稿を検索する機能がないため、情報収集を目的としたユーザーが目にすることがありません。この機能が実装されればTwitter同様、SNS上で情報収集を目的としたユーザーの流入が予想されます。PCでの利用ができるようになるのもビジネス目的としたユーザーにとっては嬉しい点だと思われます。

Meta関係者から読み解くthreadsとtwitterの違い

ザッカーバーグ氏のコメント

ThreadsはTwitterに非常に似ているが、ザッカーバーグ氏はThreadsとTwitterの重要な違いの1つは「優しさ」と「フレンドリーさ」に焦点を当てていることだと強調しています。彼は自分のThreadsアカウントで次のように述べています。

「目標は、事業が拡大するにつれて友好的な関係を維持することです。それは可能であり、最終的にはそれが成功の鍵になると思います。」
「それが、Twitter が私が思うほど成功しなかった理由の 1 つであり、私たちは違うやり方でやりたいと考えています。」
「私たちは優しさに重点を置き、ここをフレンドリーな場所にします。」

App store

App Store では、Threads は次のように説明されています。

「コミュニティが集まって、今日気になるトピックから明日のトレンドまで、あらゆることについて話し合う場所です。」
「興味のあるものは何であれ、お気に入りのクリエイターや同じものを愛する他のクリエイターをフォローして直接つながることができます。また、自分自身の忠実なフォロワーを構築して、自分のアイデア、意見、創造性を世界と共有することもできます。」

Instagramのブログ

MetaはInstagramのブログで、Threadsが人々のInstagramアカウントにリンクされると発表した。この決定の背後にある理由を説明し、次のように述べています。

「Threads に関する私たちのビジョンは、Instagram が最も優れているものを取り入れてそれをテキストに拡張し、アイデアを表現するためのポジティブでクリエイティブなスペースを作り出すことです。」

Meta関係者のコメントを踏まえて

Meta社のミッションとして「コミュニティづくりを応援し、人と人がより身近になる世界を実現します」があるため、Twitterのオープンなソーシャルネットワークの利点も活かしつつ、あくまでフレンドリーなコミュニティ作りができるようなアプリになるのではと思っています。
Twitterのような不特定多数との関係というよりもう少し親密性を重視するようなSNSになるのではというのが個人的な意見です。

商用利用を考えた場合のThreadsとTwitterの違い

SNS運用を考えた場合はTwitterの方が現状は優れています。拡散力がある点です。その点、現状の機能ではThreadsは拡散力に乏しいです。

ただ、広告運用者やマーケティング担当者の観点から見ると、Meta広告、Threads広告はTwitterよりすでに優れた広告テクノロジーを持っていることが分かっています。Twitter広告と比較すると多くのユーザー情報を保有、InstagramとFacebook上でのユーザー行動データも保有しています。今後のThreadsの成長次第では、他のプラットフォームからユーザーを引き離す可能性があります。広告主は広告戦略と予算を再考する必要があるかもしれません。

まとめ:「Threads」「Twitter」で商用利用するなら今は「Threads」がおすすめ

Threadsは最近始まったサービスのため、確かに機能としては不十分な点があり、最初の勢いは衰えました。
ただ明確にロードマップは公表されていないため、今後のアップデート次第では主流のSNSになると思われます。

悲観的な声も散見されますが、私個人としての意見はあまり悲観的に考えておりません。
Metaは会社全体が保有しているユーザーも多いため、他のSNSとの連携次第ではTwitterにはない独自のSNSの魅力にも繋がるかなと考えています。

また数週間以内に実装されるという噂の投稿検索機能が実装されれば、情報収集を目的としたユーザーの流入も予想されると思います。
ThreadsがメジャーなSNSになるかは今後のアップデート次第にはなってくると思うので今後も要注視したいと思います。

興味のある方は、ぜひインストールしてみてまず触ってください。

著者情報
成子芳一
成子芳一
事業者目線に立てるマーケター 経営5年自社運用1年→月間過去最高売上更新3回 代理店2年半→広告費最高月額 3千万運用 運用媒体Google/Yahoo!/Bing/Meta/Line/X(旧:twitter) ■Threadsアカウント(@naruko_marketer) 広告運用者目線から『threads考察』しています。 フォロワー数3,600達成
成子芳一
成子芳一
事業者目線に立てるマーケター 経営5年自社運用1年→月間過去最高売上更新3回 代理店2年半→広告費最高月額 3千万運用 運用媒体Google/Yahoo!/Bing/Meta/Line/X(旧:twitter) ■Threadsアカウント(@naruko_marketer) 広告運用者目線から『threads考察』しています。 フォロワー数3,600達成
関連する記事
その他の情報をチェック
データで営業が変わる
無料で始める